触れない美学。

それは舞姫が、まだ小学校低学年くらいの頃のあるの日のこと。授業中はかなり強く降っていた雨も下校時には無事にあがって、雲の隙間から陽も射してきました。クラスメイト達数名と一緒に学校を出て、途中で友達とも別れ、ひとりになった舞姫がふと空を見上げると、ひときわ大きく浮かび上がる美しい“虹”が視界に映りました。

それは、手を差し伸べれば届きそうなくらい、近くにあるように舞姫には感じられました。「もしかすると、あの虹に触れることができるかもしれない!」そんなふうに思った舞姫は、その大きな虹のある方角に向かって歩き始めました。このまま、あの虹に向かって進んでいけば、本当にあの虹の架け橋の袂まで辿り着けるような気がしたのです。

ところが、歩けども歩けども、そのと舞姫との間の距離は一向に縮まりません。そのうち周囲の風景も、見慣れた近所の街並みからは次第に離れ、見たことのない建物の立ち並ぶエリアへと入っていきました。ふと気付くと既に夕暮れも近く、さっきまであんなに鮮やかだった虹も、次第に薄らいできていました。

いかん、これ以上自分のテリトリーから離れて遠くへ行くと、家へ帰れなくなってしまう…そう思い、だんだん身の危険を感じてきた舞姫は「お母さんが心配する。はやく家へ帰ろう」と、後ろ髪を引かれるような気持ちで虹に背を向け、家へ向かって駆け出しました。

帰宅した舞姫は「ただいま」も、そこそこに、玄関で乱暴に靴を脱ぎ捨てると、急いで部屋の窓を開け「お母さん、虹が見えるよ!すごいきれいだよ!」…ところが、舞姫の声で母が窓のそばまで来たときには、空には既に虹の姿はなく…。

まぁ、虹ですから日没と共に消えてしまって当たり前のことなのですが、当時の舞姫にしてみれば、本来なら触れてはいけないものだった筈のものに、禁を犯して自分が触れようとしてしまったが故に、消えてなくなってしまったような気がしてならず、あの美しい虹に触れてみたいと思ったばっかりに、虹の袂まで辿り着こうとした自分の行為を、幼心に少々後悔した次第ではありました。

たとえば、美術館に行ったとしましょう。そこに、花器でも食器でも何でもいいのですが、とても美しく魅力的な展示物が飾られていたとしましょう。ぜひ、もっと近くで見てみたい。そして、この手で触れてみたい…そう思って当たり前ですよね。ただ、美しく魅力的な展示物の前には、たいてい「ぜったいに、お手を触れないでください!」なんて注意書きが掲げてあったりします。

けど、そういう注意書きを読んでしまうと、よけい「どうしても触れてみたい!」という衝動に駆られてしまうものです。そして意を決するように、ついに禁を犯して、その美しい展示物に触れようと、この手を差し伸べた瞬間…その美しい器に亀裂が走り、弾けるように儚くも砕け散ってしまったとしたら…。後に残ったのは、床に散らばる、その器の無残な破片だけ…。

どんなに美しく魅力的な器も、いちど壊れて砕け散ってしまったら、所詮ただのゴミですよ。価値なんて、ありません。自分にとって、類い稀に美しく魅力的なものは、この手で触れてみたいだなんて望みを抱いたりはせず、ある程度距離を置いて眺めることで、その魅力を満喫するのが、いちばん良い方法なのかもしれません。幼い頃見た“虹”も、そして美術館の展示物の例えも…“触れない美学”も、存在するのです。



GW恒例の小樽散策へ。♪

あっちゅー間にGW最終日を迎えましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか?おととい4日(みどりの日)、舞姫は母と一緒に小樽まで遊びに出掛けました。

一昨年&昨年に引き続き3年連続となって、半ばGWの恒例行事と化しつつある舞姫母娘の小樽散策ですが、今年もおおいに楽しんで参りました。道中の模様は、その日の夜のうちに諸々の写真と一緒に“Twitter”にも掲載済みだったので、既にご覧くださったフォロワーさん達も多いかとは思いますが、一応この日記にも報告をあげておこうと思います。♪

まずJRに乗って小樽駅まで辿り着くと、バスに乗り換えて旧青山別邸「小樽貴賓館」へと向かいました。ここは、別名“にしん御殿”(←Wikipediaより)といって、かつて北海道でニシン漁が盛んだった時代に建設された住居兼用の漁業施設。

ニシン漁で巨万の富を築いた青山家が、お金を湯水の如く使って建てた贅沢な豪邸ですが、現在では登録有形文化財に指定されています。あいにく内部の殆どは撮影禁止で、1Fホールの天井画と、あとは庭に設置される「石狩挽歌」の碑くらいしか撮影できなかったのですが(汗)、貴重な展示物の数々を母娘で興味深く鑑賞させて頂きました。♪

この小樽貴賓館ですが、唯一の難点はちょっと交通の便が悪いことでして、日祝日に至っては最寄りの停留所には1時間に1本程度しかバスが来なくて、ひとしきり館内を巡り終えた時点で中途半端に時間を持て余してしまいました。ただ、施設の周辺は閑静な住宅街で、近隣にも特に観光スポットらしきものはなく、致し方なく施設1Fのレストランで茶などすすりながら時間をつぶすことに。

ようやくバスに乗って再び小樽駅界隈まで戻ってきた舞姫母娘でしたが、程なくポツポツとが降り始めました。ぢつは、事前にチェックした予報で天候が悪くなるらしきことは知っていたのですが、自宅を出掛ける時点では至って天気は良かったので、天候が崩れないことを祈って雨具を持たずに出掛けた次第でした。さて、困ったゾ…。(´・ω・`)

とりあえず、舞姫はパーカーのフードを被り、母は大きめのハンカチを三角に折って頭を覆って“キャディさん”スタイルになって、雨をしのぐことに。近場のコンビニでビニ傘でも買おうかとも思ったのですが、ビニ傘が嫌いな母は気が進まない模様。

せっかく買うなら、もう少し小洒落た傘を…と思って、たまたま通りがかりの某雑貨店を訪ねて、店員さんに傘はないかと尋ねたところ、有り難いことに を貸してくださいました。店員さん曰く、これは小樽観光協会が実施する“傘の輪プロジェクト”で、突然の雨や雪が降られて困っている観光客に無料で傘を貸出すという取り組み。使い終わったら、市内16ヶ所に点在する協会指定の返却場所に持参すればOKとのこと。なんとも粋な心遣いですね。♪

その後は、遠慮なくお借りした傘をさして堺町通り商店街をブラブラと散策し、三角市場内の某食堂にて美味しい海鮮丼を頂き、楽しい時間を過ごした舞姫母娘でしたが、最後に小樽駅構内にある観光協会指定の返却場所に傘をお返しして、帰宅の途に。

一夜明けて、きのうは自宅から徒歩圏内の日帰り温泉施設へと出掛け(ちなみに、母は公衆浴場の類が苦手だそうなので、舞姫ひとりでふらりと出掛けました)、小樽散策で散々歩き廻って疲れた身体を癒し、帰宅後は小樽土産に買った地酒を開けて母娘で晩酌。更に一夜明けて、GW最終日のきょうは特に外出の予定もなく、自宅でのんべんだらりと過ごしております。♪

GWも終わって、あしたからは普段の日常が戻ってきます。ちょっと憂鬱ではありますが(汗)、あした&あさってを無事に過ごせば週末を迎えるので、がんばって乗り切りたいと思います。そんなわけで、写真は小樽散策で立ち寄った昆布専門店「利尻屋みのや大正クーブ館」に掲げられていた“お父さん預ります”の看板。(^^)



舞姫家の“二層式洗濯機”。♪

“アナログ屋敷”の舞姫家では、いまどき時代錯誤も甚だしいアナログアイテムの数々が、現在も元気に活躍しています。舞姫が物心つく以前から現在に至るまで、我が家では“文化鍋”でご飯を炊き続けてきたため、舞姫は“電機釜”でご飯を炊く方法を未だ知りません。それから、電子レンジの“オーブン”機能も我が家では使った経験がなく、オーブンを要する料理を作るときは、ガスコンロに直接乗せて使う“天火”を活用しています。テレビ番組の録画再生も、3年前に地上波完全デジタル化に伴いブルーレイ搭載の液晶テレビを購入する直前まで、古式なVHS型ビデオデッキを愛用していました。

そんな舞姫家のアナログアイテムの代表格といえば、“二層式洗濯機”。お若い世代だと、その存在すら知らないという人達も決して少なくはないのではないかと思いますが、“二層式洗濯機”というのは、文字通り洗濯槽と脱水槽が分かれた洗濯機のことで、「テレビ&冷蔵庫&洗濯機」“三種の神器”が一般家庭に普及し始めた1950年代当時、洗濯機といえばこの“二層式”が一般的でした。ちなみに“全自動洗濯機”が主流になるのは、1970年代に入ってからのことだそうですが、それ以降も我が家ではずっと古式な二層式洗濯機を使い続け、勿論これまで何度か故障などで買い替えの機会もありましたが、迷わず二層式を選んできました。確かに全自動は便利ですが、二層式ならではの使い勝手の良さもあり、やはり我が家では適しているのだと思います。♪

それから、これ雪の多い季節に外へ洗濯物を干せない北国ならではの特徴らしいのですが、殊に北海道だと洗濯物はもっぱら“部屋干し”という家庭も多いのだそうで、バルコニーがない我が家でも舞姫が物心つく以前から“部屋干し”がデフォルトでした。真夏のジメジメした蒸し暑い時期は、なかなか洗濯物が乾かなくて困るのですが、これも日当たりの良い部屋に干して空気の流通を工夫すればどうにか改善可能ですし、逆に寒い冬を迎えると暖房の効果で部屋も乾燥するので、洗濯物も瞬く間に乾いてしまいます。洗濯物の量が多い日などは、狭い我が家も万国旗状態に干した洗濯物に占領されてしまいますが(汗)、なにより天候に左右されることなくいつでも洗濯できるという利点は有り難いです。♪

もうすぐ11月。日を追うごとに寒さが増していますが、暖房の恩恵で部屋はポカポカ。洗濯物も早く乾くので、助かります。スタジオ発表会の稽古も、いよいよ大詰めを迎えます。11月9日(日)は、鬼より怖い“総見”。22日(土)には、劇場入りしてゲネプロ。普段から、日曜恒例の洗濯大会ではレッスンウェア等で多量の洗濯物と格闘する舞姫ですが、これから本番にかけてより一層洗濯物が増えそうです。そして、23日(日)の本番が無事終了したら、5作品分の衣装の洗濯が待ち受けています。舞姫家の二層式洗濯機も、フルスロットル状態で稼働させなければなりません(笑)。幸い、現在のところ元気に活躍する我が家の洗濯機ですが、いつかは寿命を迎えることでしょう。けど、新しい洗濯機を買う機会を迎えても、また迷わず二層式を選ぶと思います。♪



眼鏡ストラップは必須アイテム。♪

1ヶ月ほど前、眼鏡のテンプルに装着して使う“ストラップ”を買ったのですが、これが意外と優れモノでして、外すたびに逐一ケースなどに入れなくても済むし、一度外した眼鏡を再びかけるときも「あれ?眼鏡は?」…と逐一探さなくても済むので、職場で勤務中などはとても便利。

きっかけは、同世代では舞姫の貴重な“老眼仲間”でもある職場の某同僚が、同種の品を買って使い始めたこと。首から眼鏡をブラブラとぶら下げながら、「これ、いいわよ〜」と言って快適そうな様子の同僚の姿に、舞姫も「ほほぉ♪」と感嘆しまして、その日の職場帰りにさっそく中心街の某眼鏡店に立ち寄って購入した次第でした。♪

眼鏡デヴューを果たして3年。掛け始めて間もない当時は、鏡を見るたびに慣れない眼鏡面に違和感を憶えたものでしたが、なぜか周囲の友人&知人からは当時から「似合う」と好評でして、ここ最近になって舞姫自身もようやく眼鏡面が板についてきた感じがします。

ただ難点なのは、老眼の舞姫の場合、あくまで眼鏡は“近距離用”なので常時掛けているわけではないこと。勿論、ダンスの稽古や本番の舞台のときも眼鏡は不要。もし掛けたまま踊ったら、却って視界がボヤけて大変なことになります(笑)。眼鏡が必要なのは、パソコン使って仕事するときと、あとは新聞や雑誌などの小さな文字を読むとき程度かな。それ以外のときは、殆ど裸眼で過ごしています。

このため、職場で勤務中などは眼鏡を掛けたり外したりを頻繁に繰り返さなければならないことも多いのですが、これが意外と面倒。トイレに行って戻ってくる程度なら、横着して掛けたまま席を立ってしまうことも多かったのですが、なにせ近距離用なもので不要なときに掛けていると却って“遠近感”が掴めなくなって、擦れ違う人とぶつかりそうになったり、階段で足を踏み外しそうになったりすることもあるので、やっぱり危ないわけですね(汗)。

けど、そうかといって外して一時的にどこかへ仮置きしておくと、いざ必要なときになって「あれ?眼鏡は?」と探してしまうことも多々あったりします。以前、帰宅後に眼鏡ケースをパカッ!と開けたらカラッポで慌てたこともありました(ちなみに、翌朝職場へ出勤したら、なんのことはない場所で見つかったので、よかったですが…笑)。

ぢつは、3年前の眼鏡デビュー当時、この問題の解決策として“眼鏡スタンド”を買って職場のデスクに置いて使っていた時期もあったのですが、置き場所を眼鏡スタンドに拘束されてしまうのも意外と不便で、徐々に使わなくなってしまい、そのうちボールペンやらハサミやらカッターやらを入れるようになって、せっかくの眼鏡スタンドも現在ではすっかり“ペンホルダー”と化してしまいました。

ただ、某同僚に触発されて眼鏡ストラップを買って以降、舞姫の3年間の“悩みの種”はすっかり解消されました。なにより楽チンなのは、眼鏡の置き場所を拘束されないこと。事務所内では勿論、ちょっとした外出程度なら首から眼鏡をぶら下げたままでも大丈夫ですし、現在では舞姫も職場での時間を快適に過ごしています。♪

ところで、つい最近になって、その“老眼仲間”である某同僚から、舞姫の眼鏡ストラップを「どこで買ったの?」と尋ねられました。舞姫愛用の眼鏡ストラップは“紐”タイプなのですが、同僚は“チェーン”タイプで、唯一の難点は外観的に老けて見えてしまうこと。同僚自身も「便利なのはいいんだけど、オバちゃんっぽく見られちゃうのがねぇ…」と、渋い顔。

それで、舞姫がストラップを購入した中心街の眼鏡専門店は伝えたのですが、あいにく同僚の通勤経路からは反対方向で、普段も滅多に出向く機会がない場所なため、たった1本の眼鏡ストラップを買うために行くには少々不便とのことで、とりあえず近場のお店で類似の品を探してみるとのことでした。快適に使える気に入ったストラップが見つかることを、祈ります。(-人-)

そんなわけで写真は、いまや舞姫の必須アイテムと化した愛用のストラップを装着した眼鏡。これを首からぶら下げて、乾燥する指先にリング型の指サックを装着したら、デスクワーカー舞姫の“戦闘準備”は完了します。あした一日を乗り越えたら、三連休!気持ちを引き締めて、がんばります。♪



マイブームの銭湯通い。♪

ここ最近、舞姫は“銭湯”がマイブームです。♪

きっかけは先月初旬のある日、自宅の風呂場のシャワーが故障してしまったこと。勿論、さっそく馴染の修理業者さんに連絡して近日中に来て頂けるようにはしたのですが、とりあえずこの日は公衆浴場へ行くことに。

源泉に恵まれた札幌は、どこを掘っても良質な温泉が沸き出でてくるんだそうで、舞姫の自宅から徒歩圏内にも立派な日帰り温泉施設が数軒あります。中心街という場所柄、どこも設備が整っていてアメニティなども充実しているので、とても快適なのはいいのですが、やっぱりお値段は少々お高めなので(汗)、軽い気持ちで出掛けるには、ちょっと戸惑うところです。(^^;)

さて、どこへ行こうか?…と迷った舞姫でしたが、そういえば1軒だけ“穴場”があったことを思い出しました。それは、賑やかな中心街からは少し離れた静かな住宅街にある某銭湯。有り難いことに、ナトリウム塩化物強塩泉の天然温泉で、しかも公衆浴場組合に加盟する“銭湯”なので入浴料もお手頃。

徒歩圏内とはいえ、歩くと意外と距離があるのが難点で、冬場の寒い日などに訪ねると、せっかくお風呂で温まった身体も帰宅途中で冷めてしまうんですが(汗)、幸い札幌もいまは夏です。帰宅途中に身体を冷やして体調を崩すような心配もないので、ふらりと散歩がてら出掛けることにした次第でした。

「ゆ」と記される暖簾をくぐって施設内に入ると、番台に脱衣籠、ちょっと形の古そうなマッサージチェアなど、どことなく懐かしさを感じさせる昔ながらの銭湯ならではの空間が視界に飛び込んできます。自宅で長々と風呂場に籠っていると、節約ヲタ(?)の母から「ガス代&水道代を無駄遣いするんぢゃない!」と言われて叱られてしまうんですが(汗)、ここでは無論そんな心配もないし、お湯も好きなだけ使い放題です(嬉)。自宅の狭い風呂場と違って、やっぱり広い銭湯は解放感に満ちています。舞姫も久し振りに大きな湯船にゆっくり浸かって、心地よい時間を過ごしました。(^^)



ちなみに自宅の風呂場のほうは、業者さんに無事修理して頂き、壊れたシャワーも翌日には使える状態に戻ったのですが、このとき訪ねた温泉銭湯で過ごした快適な時間にすっかりハマってしまいまして、その後も週に1度はてくてく歩いて温泉銭湯を訪ねています。

いちばんのお楽しみは、お風呂あがりに頂く“コーヒー牛乳”。両脚を肩幅くらいに開いて腰に片手を当てるという定番の姿勢で一気に飲み干す冷たいコーヒー牛乳は、格別の美味しさです。そして帰宅後は、火照った身体が冷めないうちに、居間にてリハビリがお約束。温泉でポカポカと暖まった身体でストレッチをしていると、めちゃくちゃ気持ち良くて、クセになりそうです。(≧∇≦)

そんなわけで、すっかり病み付きになってしまった銭湯通いですが、先述の通り自宅からの距離がちょっと中途半端なのが難点。たぶん寒い季節になったらそう頻繁には通えなくなるので、良い気候のうちに銭湯通いを楽しんでおこうと思います。今週末は、某公演の稽古も持病の股関節疾患(臼蓋形成不全)のリハビリ通院もお休みで、久し振りにのんびりと時間を過ごせそうなので、ぜひ銭湯を訪ねてリラックスタイムを満喫します。

某公演も、いよいよ本番まで残り約1ヶ月。来週には、レギュラークラスでユニゾン(Unison:群舞。複数のダンサーが同じ場面で一斉に同じ振付を踊ること)のテスト。そして来月初旬には、鬼より怖い“総見”も予定されています。温泉銭湯で英気を養って、週明けからのハードな稽古に備えたいと思います。♪