リハビリ通院後のランチタイムが楽しみ。♪

2週に1度のペースで続けてきた持病の股関節疾患(臼蓋形成不全)のリハビリ通院も、今年で9年目に突入しました。職場が週休二日制で土曜日お休みなので、リハビリ通院も土曜日の午前中に充てることが多いのですが、リハビリを終えて整形外科を出ると、ちょうどお昼時を迎えます。食いしん坊の舞姫も、お腹の虫が鳴る時間。お楽しみのランチタイムの始まりです。♪

平日の殆どは母の手作り弁当持参で職場へ出勤するため、外食ランチの機会が少ないので、このリハビリ通院終了後のランチタイムを舞姫はとても楽しみにしています。なるべくコスパの良い庶民的なお店を選ぶようにはしていますが、横着者で出不精なので、ランチ目的で遠出をするまでは至らず、テリトリーはアクセスの良い札幌の中心街がメイン。

ちなみに、行き当たりばったり状態で街を彷徨ってお店を探すこともあれば、事前にネットや雑誌などで調べて見つけたお店を訪ねることもありますし、探すのが面倒なときは数軒ほど憶えのあるお気に入りのお店へ行ってしまうこともあったりして、お店選びも状況によってさまざま。無論、「何を食べたいのか?」など、そのときの気分によっても、訪ねるお店は変わってきますね。

なにせ土曜日なので“ランチ営業”するお店自体が少なくて、すっかりランチジプシーと化してしまうことも多々あるのですが(汗)、いい感じのお店を発掘できたときは、本当に嬉しいです。家族や友人知人と一緒に頂くランチも勿論楽しいけど、誰にも邪魔されることなく満喫できる孤独な“お一人様ランチ”も、また快感。リハビリ通院を終えて帰宅後は、“Twitter”にランチの写真を載せることも、すっかり習慣になりました。♪

そして、先週末のリハビリ通院終了後のランチタイムに舞姫が選んだのは、スープカレーのお店『Asian Bar RAMAI / アジアンバーラマイ』。札幌発祥の“スープカレー”他地域だと知らない人もおられるかもしれないので、ちょっと簡単に説明しましょうか。その名の通りスープ状のカレーで、具材は大きめに切って使うのが特徴。手頃な解説ページ探しましたので、ご参考まで。↓
『札幌市の新名物!スープカレーって何なの? – 北海道ファンマガジン』

ところで、この『ラマイ』というお店を舞姫が選んだきっかけなのですが、最近なにげに美味しいランチのお店の情報収集も兼ねてネットを彷徨っていたところ、画像検索で舞姫の目に飛び込んできたのが、お皿に円錐の如く山盛りにされたサフランライスの写真。「げっ!なんだこれは?!」…食いしん坊の舞姫が注目したことは、言うまでもありません。

調べたところ、豊平区月寒にあるスープカレーのお店であることは直ぐに判ったのですが、あいにく舞姫が暮す中心街からは遠く離れていて、地下鉄の最寄駅からも徒歩で15分ほどかかるとのこと。横着者で出不精の舞姫が訪ねるには、ちょっと厳しいかなと思い、一旦は諦めかけたのですが、その後さらに調べたところ、舞姫が最初にネットで見つけた豊平区のお店は本店で、札幌市内を中心に他にも何軒か支店を展開していました。

幸い、中央区内にも支店が1軒あり、舞姫のテリトリーからは最も近い模様。ただ、ここも賑やかな中心街からは少し外れた中途半端な場所ではあるのですが、まぁ行けない距離ではないと思い、さっそくリハビリ通院の帰り道に訪ねてみることにした次第でした。地下鉄「西11丁目」駅で下車し、てくてく歩くこと6〜7分。中央区役所や消防署、健康づくりセンターなどが立ち並ぶ界隈に、目的地の“札幌中央店”はありました。



舞姫が注文したのは、定番メニューの野菜カレー。ご飯はS・M・Lの3種類あって、L(約450g)まで無料とのことだったので、舞姫はLにして頂くことに。ちなみに、舞姫がネットで発見した円錐形に山盛りされたライス(1000gを越えるそうです…汗)は、200円の追加料金で頂くことができるオプションメニューで、さすがに大飯喰らいの舞姫とはいえ完食できる自信はなかったので、今回はやめておきました。(^^;)



そんなわけで、評判通りボリューム満点の美味しいスープカレーでランチタイムを満喫した舞姫でしたが、次回のリハビリ通院の帰りには、どんなお店でどんなランチを頂こうかと、いまからいろいろ思案しております。いずれにしても、また写真を撮って“Twitter”に載せると思うので、ご興味のおありのかたはチェックしてみてくださいね。♪

スポンサーサイト