“骨格標本”欲しい…。(^^;)

読まれたかたが思わず眼を点にして引いてしまいそうな題名ですが(汗)、そうなんです、いま舞姫が欲しいのは“骨格標本”なんです。勿論、人間の骸骨の模型のことです。え?なんでそんなものが欲しいのかって?話の発端は、先々週の股関節の持病(臼蓋形成不全)のリハビリ通院に遡ります。

舞姫が通う整形外科のリハビリ室には、人体のさまざまな部位の骨格模型が常備されていて、いつも舞姫が何か疑問を抱くたびに、理学療法士O先生はその模型を使って判りやすく解説してくれたりするんですが、この類の模型を自分も持っていたら、なにかと便利だろうなぁ…と思ったわけです。

たとえば、ジャズダンスやクラシックバレエで頻繁に使う技法に、パッセ(Passe:片脚の膝を曲げて、爪先を軸脚の膝のあたりに付けること)というのがあって、本来なら骨盤の位置は水平、お尻のふたつの膨らみの位置も偏らず左右並んでいることが理想なのですが、舞姫も膝を曲げた側のお尻が浮いて骨盤が傾き、どうにもイケてない姿勢になってしまうことが多々あります(汗)。

舞姫の場合は、股関節の持病による“開排制限”のため、うまくアン・ドゥオール(En Dehors:外旋。脚を、付根の部分から外側に廻して開く動作。ターン・アウト“Turn Out”とも呼ばれます)できないのもあって、このパッセの際の骨盤のイケてない傾き具合を、よけい煽っているわけですね。

スタジオの先生達曰く、パッセする際に大腿骨頭を骨盤の奥へ、ぐぐっ!と押し込むようにすると、あらぬ傾きが修正されて骨盤を正しい位置に戻すことができ、結果としてパッセの際の正しい姿勢につながっていくのだそうで、ちなみに舞姫の知識の範囲では、この大腿骨頭を骨盤の奥へ押し込むのは、中殿筋(ちゅうでんきん:お尻の横側の筋肉)の筋力です。

バランス感覚を司る中殿筋を鍛え、その機能を有効活用することにより、パッセで片脚立ちした際の骨盤の正しい位置を維持し、身体のバランス性を高めることができます。無論、中殿筋だけではなく、大殿筋腹横筋の筋力、そして外旋機能を補助する役割を果たす内転筋の柔軟性なども必要です。

先生達もレッスンしながら、こういうイケてない事態はどうして起こるのか?また、どうすればそのイケてない骨盤の傾きを修正することができるのか?…などなど、人体の骨格の仕組みの解説なども織り交ぜながら、あーでもないこーでもないと懸命に我々に説こうとするのですが、思うように伝えることができず苦心されている光景を時折お見受けします。

勿論、先生達の伝えたいことも、なんとなしに理解できるのですが、やはり骨格の構造を取り込んだ説明が、映像として脳内にうまく浮かんできません。以前、消化不良を起こしたような表情をする我々クラスメイト達に、「ごめんね、うまく説明できなくて…“骨格標本”でもあると、判り易く伝えられると思うんだけど…orz」と、そんなふうにもどかしげに仰っていた先生もいました。

そうか〜骨格標本ねぇ…というわけで、舞姫もネットで少々調べてみたのですが、まず最初に見つけたのが、これ→『人体骨格・全身骨格模型』(←「ヒューマンボディー」より)。げっ!女性の標準型の骨格模型は192,000円ですと!もう少し、お手頃価格のものは?…と探してみたのですが、医療用や学校教材用に作られた精巧な骨格標本は、さすがにどれもお値段の張るものばかりなようです。

勿論、そんな立派なものでなくても、いいんです。大きさにしても、等身大なんて要らないですよ。だって、仕事やレッスンを終えて疲れて帰宅して、部屋で迎えてくれるのが等身大の骨格標本だったら、それはさすがにキモいぢゃないですか(爆)。1/2サイズでも、まだデカいかな。バッグにポン!と入って、キーホルダーや携帯ストラップに使えそうなくらいの、気軽に持ち運びできる程度のサイズがいいです。

じつは数年ほど前にも、この骨格標本あったら便利だよな〜と思い立ったことがあって、中心街で心当たりを巡って探してみたのですが、そのときも適当なブツが見つからなくて…。ちなみに、東急ハンズ札幌店股関節のキーホルダーならあったんですが、股の部分だけってのもなぁ…やっぱり全身にこしたことはないし、できれば関節の部分もある程度は正確に動くものが欲しい。老舗の某模型店にて、かなり精巧な人体骨格も見つけたけど、プラモデルなので自分で作らなくてはならないのが難点。あいにく舞姫は横着者なので、自分で作るのは気が進みません。(^^;)

そういう経緯もあって、当時は残念ながら理想のブツの発見には至らず諦めてしまったものの、携帯可能なミニサイズの骨格標本を近場で入手できないものかと改めて思い立ち、ネットを使って情報収集を試みたのですが、いやもう意外と見つからないっすね。調べているうちに、100均で骸骨のキーホルダーが売っているらしい情報も入手したのですが、先達て仕事帰りに立ち寄った自宅近所の某100均には、ありませんでした。ただ、理学療法士O先生曰く、「街の雑貨店や100均なんかで売ってる安物の骸骨マスコットは、あまり精巧に作られていないので、役に立たないョ」とのこと。

そんなわけで、なかなか理想の骸骨くんと巡り会えずにいるんですが、これにめげずに当分の間は、ちょろちょろ合間をみて情報収集に努めたいと思っています。ぇ?もし理想の骸骨くんを入手できたら?そりゃあ勿論、スタジオにも整形外科のリハビリ通院にも連れて行きますョ。♪

スポンサーサイト