優勝パレード初体験!(≧∇≦)

去る11月20日(日)、札幌の中心街にて催された「北海道日本ハムファイターズ」優勝パレードへ行って参りました。ちなみに、パレードのコースとなる札幌駅前通りは、舞姫の自宅からも徒歩圏内。これは、行かないわけにはいきません。ファイターズが北海道に移転して5度目となる優勝パレード。残念ながら過去4回は伺う機会に恵まれなかった舞姫ですが(ちなみに、4年前の2012年のときも、7年前の2009年のときも、舞姫は自分が出演する舞台の本番とパレードとの日程が重なってしまい、パレードの準備が着々と進められる札幌の中心街を、後ろ髪をひかれる思いで通過しながら劇場へと向かったことを記憶しています…orz)、初めて生で観る優勝パレードに、気持ちを躍らせながら自宅を出掛けた次第でした。♪

まずは、出発式の会場となる北3条広場へ行ってみることに。余裕を持って早目に自宅を出掛けたつもりだった舞姫でしたが、ススキノ繁華街から札幌駅へと続く沿道は、既にたくさんのファンの人達で埋まっている状態。途中でボランティアスタッフさんから“小旗”北海道新聞の“号外”を頂き、人込みをかき分けるように札幌駅方面へ。ようやく目的地である北3条広場に到着したのは、出発式が始まる1時間ほど前でしたが、ここも既に大勢の人達で溢れていました。ただ、小柄な身体を活かしてスイスイと入り込んだ舞姫、幸いレッドカーペットから程近い場所に手頃な隙間を発見し、見晴らしの良いポイントを確保することができました。♪





あいにく、特設ステージからは遠い位置だったため、出発式の模様は殆ど見えませんでしたが(汗)、出発式を終えてオープンカーへと乗り込む途中でレッドカーペットを通過する栗山英樹監督&大野奨太選手&田中賢介選手は至近距離で拝むことができましたし(残念ながら、3人とも瞬く間に通り過ぎてしまったので、写真を撮る余裕まではありませんでしたが…汗)、ちょうど某放送局のスタッフさん達と一緒に取材中だった森本稀哲さんや(しっかり写真に収めてTwitterへ掲載済み→こちら)、出発式が始まる直前にファンの人達と交流するマスコット達とも遭遇することができ(フレップくんと握手してもらった!→こちら)、舞姫的には収穫の多い出発式でありました。(^^)

北3条広場を出発するオープンカー&スカイバスを無事に見送ると、舞姫は一旦地下へと潜り込み、チカホから大通駅構内を経て地下街ポールタウンをてくてく歩いて、パレード終点のススキノ交差点へと向かいました。ススキノ繁華街に差し掛かったところで地下から外へと出ようと試みた舞姫でしたが、おそらく混雑を避ける目的だったのでしょうか、あいにく地下街から外へと続く出口の殆どは封鎖されている状態。どこから外へ出ようかと迷った舞姫でしたが、幸い狸小路に隣接される某パチンコ店内の階段から、ススキノ繁華街へと出ることができました。

ようやくススキノ交差点へと辿り着いた舞姫でしたが、ここも当然ながら既に大勢のファンの人達で溢れている状態。さしもの舞姫も、この状況で絶景ポイントの確保までは至らず、ほんの少しだけ見えるスカイバスから選手達の表情を垣間見るのが精一杯(汗)。ただ、意外と舞姫の目を楽しませてくれたのが、沿道に立ち並ぶビルの窓から見えるファンの人達の様子。趣向を凝らした応援グッズ手作りバナーを使って、パレード陣に向かって懸命に呼び掛ける姿は、なかなか見応え抜群でして、某ビルの窓から見える「大谷翔平選手!こっち向いて!」のバナーには、翔平くん自身も素早く反応されていたのが印象的でした。♪

そんなわけで、優勝パレードも大盛況のうちに無事終了。その後は、パレード記念セールが催されるイトーヨーカドーすすきの店へと立ち寄り、母から頼まれていた買い物を済ませて、帰宅の途に。初めて生で体験した優勝パレードでしたが、舞姫も楽しく充実した一日を過ごしました。札幌も、この日はとても寒い一日でしたが、栗山監督&選手のみなさん&関係者のみなさん、寒いなか本当におつかれさまでした。これまでは、もっぱら“お茶の間観戦組”だった舞姫も、今季はCSファイナルステージ&日本シリーズと、念願だった札幌ドームでの生観戦の夢も叶い、ファンとしての舞姫も飛躍の年となりました。横着者で出不精の舞姫ですが、ぜひ来季も機会を作って札幌ドームへと足を運びたいと思います。差し当たって興味津々なのは、セ&パ交流戦かな?楽しみです。♪

スポンサーサイト